cocoa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

キャンピロバクター

先日お話ししたここあの拾い食い
その後おなかの調子が悪くなり、月曜日に病院に連れて行きました
そこで発見されたのが

『キャンピロバクター』


キャンピロバクター感染症

キャンピロバクターが、感染犬の糞便から口に入ることにより感染します。人にも感染し、腸炎をひき起こす原因となる、人畜共通感染症です。

【症状】
下痢、発熱、腹痛、嘔吐などが起こります。適切な治療を行えば回復は早まります。

【治療】
抗生物質を与えるほか、輸液、下痢止めなど、症状に応じて対症療法を行います。

先生に
『きっとすごいもの食べたんでしょうね』といわれて
抗生物質
下痢、吐き気止め
皮下点滴

の三本セット。腸炎だけでなく胃炎も併発するため水もご飯も口にできませんでした

17日は家が留守になるため日帰り入院
夜junさんがお迎えにいく頃には病院で処方されたご飯もぺろっと食べた様子
ウエットフードと抗生物質、下痢止めを処方していただいて元気に帰ってきました

何日かご飯が食べられなかったのでこれから様子をみながらご飯をもとに戻します
あ~~下痢が止まってよかった。
。。。。。。拾い食いもたいがいにしてくださいね。ここあ。
スポンサーサイト
病院 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。